内藤式 骨盤矯正を提供

腰のストレッチその1

  • HOME »
  • 腰のストレッチその1

体を前に倒す(前屈)や後ろに反らした(後屈)時に腰が痛い方は

腰の筋肉(広背筋や大腰筋)が悪いのではなく、お尻の筋肉(大臀筋)が原因かもしれません。

腰が丸めたり、反っている時には腰の筋肉だけでなく、その周辺の筋肉も連動して動きます。

お尻の筋肉が硬直していると身体の動きにロックがかかり、腰だけが動きすぎてしまいます。

そのため腰の筋肉や腰椎に過度な負担がかかって腰痛になるのです。

お尻の筋肉を緩め、バランスを整えることは腰痛にとても効果があるのです。

 

緩める前に腰の状態を確認します

前屈をして腰の痛みを確認してみてください

 

次に後ろに反らして腰の痛みを確認します

 

大臀筋のストレッチ

腰が動きすぎてしまって腰痛を感じる場合、腰の筋肉(大臀筋)をストレッチすると腰痛が楽になります。

お尻の上の方、ちょうど下の画像の左手の親指があるところ押してみてください。

横から触った時にお尻のくぼみの上の方です。

 

この大臀筋30秒ずつグッと押し込むように押していきます。

 

少し分かりづらいかもしれませんので解剖学の図解を載せます。

 

30秒押しましたらもう一度前屈と後屈を試してみてください。

腰が楽になっている場合は、あなたの腰痛はお尻の筋肉が硬いために起こっています。

もっと緩んでいくと腰痛はほとんどなくなります。

お身体のご相談はお気軽にお問い合わせください TEL 042-814-6447 営業時間:10:00 - 20:00 定休日:不定休

PAGETOP
Copyright © 整体院 楽(Laku) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
電話でのご予約はこちら