腰痛の人が【絶対やってはいけないこと】と【対処方法】

たった1回の施術で嘘のように楽になる

慢性症状に特化し、地域で唯一の内藤式 骨盤矯正を提供する専門院

こんにちは。多摩境、橋本、南大沢、町田、相模原なら

整体院 楽(Laku)の石川です。

 

腰痛に悩んでいる方が絶対にやってはいけないこと、それは身体をガチガチに緊張させてしまうことです。身体の異常な緊張は骨格に歪みを生じます。歪んだまま身体を動かそうとすると、さらに筋肉や関節に負担がかかります。

これが繰り返されると一番体重や動作などで負担がかかる腰に痛みを感じるようになります。そしてこれの怖いところは腰痛に悩む方のほとんどが無意識に身体が緊張して固まっていてまったく気づいていないということです。

しかし自分の身体が緊張しているかどうかを簡単にチェックする方法があります。ぜひお試しください。

 

身体の緊張チェック方法

このチェックはご自宅などリラックスできる環境で行うことをオススメします。そして靴下やタイツ、ストッキングなどは履かずに裸足になってください。チェックを始めます。

 

1:普段通りに立ってください

2:立ったまま足の指先を地面から離します(指先を上に反らす)

指先を反らすと下の写真のようになります。

 

さてここでチェックのポイントです指先を反らした時に身体が後ろにちょっと動く、または倒れそうになりました

もし後ろに動いたり、倒れそうになった場合、あなたの身体はかなり緊張している状態です。すでに腰痛に悩んでいるか、もしくは将来腰痛になる可能性が高いといえます。

じゃあ、なぜ身体が動いてしまうのがダメなのか。それは身体が前傾しているから。そして前傾すると筋肉で体重を支えているからダメなんです。この状態が身体をガチガチに緊張させてしまいます。

体重を支えるのは骨格の役割です。そして体重がかかる背骨、腰回りの骨は身体の背面側にあるんです。

想像してみてください。お年寄りで腰が曲がった方は指先を上げることもできない方もいらっしゃいます。これは体重がかなり前傾になっているからです。

 

重心を正しい位置に戻すことを習慣に

いかがでしたでしょうか。前に重心がかかった状態だと緊張するというのがイケナイというのが伝わったのであれば嬉しいです。

そして重心を前にしないポイントは足の指先を反らした時に身体が後ろに動かないようにバランスを取って立つこと、これが大切です。

腰痛に悩んでいない、もしくは軽い腰痛なら意外とすぐにできます。そしてこれを習慣にしてください。必ず将来の自分のためになります。

もし、今腰痛に悩んでいるなら前に重心がかかる姿勢を今すぐにやめてください。自分の体を傷つけてさらに腰痛を悪化させます。少しずつでも良いので重心が後ろになるように立つことを習慣にしてください。

 

「つらい腰痛をなんとかしたい」

そんな時は慢性症状に特化した「内藤式 骨盤矯正」を試してみませんか?1回で身体の歪みを治すことができるので、あなたの腰痛が嘘のように楽になります。

もし万が一効果を実感できなければ施術費を全額お返しします。あなたにリスクはありません。今すぐ「内藤式骨盤矯正」をお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA