ぎっくり背中

たった1回の施術で嘘のように楽になる

慢性症状に特化し、地域で唯一の内藤式 骨盤矯正を提供する専門院

こんにちは。多摩境、橋本、南大沢、町田、相模原なら

整体院 楽(Laku)の石川です。

あなたはぎっくり背中になったことはありますか?

ぎっくり腰のような急な痛みが背中に来ることです。意外と経験されたことある方もいらっしゃるのではないでしょうか?ぎっくり背中になると首にまで影響が出る場合もあり、寝違えたように首を横に動かすと痛くなるなど起きることがあります。

ぎっくり背中を繰り返す方は本当に大変です。そこで今回はぎっくり背中の対処、予防方法をお伝えします。

対処方法はぎっくり腰と同じ

もしぎっくり背中になったなら対処方法はほとんどぎっくり腰と同じと言っていいでしょう。ぎっくり腰と違って背中は冷やすことが難しいので、できれば湿布が貼れるなら背中に貼ってください。

あとは一日目、二日目は安静にすること。ぎっくり背中をした時は背中の筋肉が炎症を起こしている可能性があります。そのため背中を揉んだり刺激しない方が良いです。ぎっくり背中になる方は首や肩が凝っていて慢性的に背中に負担をかけてなっている可能性があります。

そのため痛みが少し落ち着いたら少しずつ首や肩をほぐしていくこと、ストレッチが大切です。こうすることで背中にかかっていた負担を減らしていくことでぎっくり背中の予防にもなります。

ぎっくり背中を繰り返さないためには

ぎっくり背中は背中に負担がかかっている状態が続いて、限界を超えて背中の筋肉に炎症が起きることで発生します。背中を伸ばしたりするのではなく、背中に負担をかけている原因の筋肉をストレッチすることが大切です。あなたは肩、首が凝っていませんか?

肩首のコリを感じる方はぎっくり背中になる可能性があります。また腰痛持ちの場合も背中に負担をかける場合があるので注意してください。

そして繰り返さない、予防のために何より大切なことは普段の姿勢です。ぎっくり背中を繰り返す人は猫背や反対に背中が反りすぎている可能性があります。普段から良い姿勢を心がけること。ここから改善していくことが根本的に改善するために必要なことです。

そこでぎっくり背中の予防にぜひ首コリのストレッチと立ち方の姿勢を気をつけてみてください。

首のコリ解消ストレッチ

 

良い姿勢の立ち方

 

「つらい腰痛をなんとかしたい」

そんな時は慢性腰痛に特化した「内藤式 骨盤矯正」を試してみませんか?

1回で身体の歪みを治すことができるので、あなたの腰痛が嘘のように楽になります。

もし万が一効果を実感できなければ施術費を全額お返しします。

あなたにリスクはありません。今すぐ「内藤式骨盤矯正」をお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA