足の力が入らない方が今すぐやるべき2つのこと

たった1回の施術で嘘のように楽になる

慢性症状に特化し、地域で唯一の内藤式 骨盤矯正を提供する専門院

こんにちは。多摩境、橋本、南大沢、町田、相模原なら

整体院 楽(Laku)の石川です。

 

あなたは足に力が入らないなんてことはありませんか?

足に力が入らないとガクッと力が抜けて、歩く、立つなどしたときにふらつく、倒れそうになるなど危ない思いをしたことがあるかもしれません。

足に力が入らないということは原因があります。もちろん神経系の病気の可能性もあるかもしれませんが、特に異常がない方で力が入らないという場合、実は体の筋肉と姿勢の問題があります

無意識に力が入っているために力が入らない

整体、マッサージなどを受けた経験がありますか?力を入れていないはずなのに「力を抜いてくださいね」と言われたことはありませんか?実はこれが無意識に力が入っている状態です。この状態は普通の人よりも筋肉を使っているために疲れやすくなります。筋肉疲労が限界を超えると力を入れようとしても力が入らなくなります

例えば筋トレをしていて、これ以上できないという限界まで追い込むと力を入れているはずなのに筋肉が震えたり、力が入らなくなります。ではどうして力が入ってしまうのでしょうか。

無意識に力が入るのは立ち方が原因

無意識に力が入っている人には共通点があります。それは立つときの姿勢です。立つ姿勢をみると膝がピンと伸びている方が多いです。本来力が抜けていると膝はほんの少し曲がった状態になります。

ところが足に力が入らないという方は膝を伸びていて膝周辺の足の筋肉がとても緊張しています。膝を伸ばすために使われて緊張している筋肉がアウターマッスル(体の表面に近い筋肉)と言われる筋肉です。持続力がないのですぐに疲労して緊張し固くなってしまいます。膝を伸ばして立つということは知らないうちにかなりの負担を足にかけているのです。

そのため、あるときふと足に力が入らなくなるということが起こってしまうのです。また腰痛や膝の痛みが起こりやすいので注意してください。腰痛や膝の痛みを感じられている場合、体の歪みも出てきているため自分では解決するのは難しいです。その場合、まず施術を受けて歪みと痛みを解消することが先決です。

立つ姿勢を変え、適切なストレッチをすることで足に力が入るようになる

足に力が入らない人は膝がピンと伸びています。しかし単純に膝を曲げただけでは解決できません。努力してもなかなか改善しない方は自己流でやってしまう方が多いのも事実です。

まずはバランスよく立つために骨格を整えること。そして立つ時のバランスの良い姿勢を身に付けることが大切です。足に力が入らないと感じて3ヶ月以上経つという場合は骨盤矯正を受けることを強くオススメします

そして立ち方とストレッチを日々実践いただくことが大切です。立ち方とストレッチは以下の動画を参考にしてください。

 

立ち方

 

ふくらはぎのストレッチ

 

 

「つらい腰痛をなんとかしたい」

そんな時は慢性腰痛に特化した「内藤式 骨盤矯正」を試してみませんか?

1回で身体の歪みを治すことができるので、あなたの腰痛が嘘のように楽になります。

もし万が一効果を実感できなければ施術費を全額お返しします。

あなたにリスクはありません。今すぐ「内藤式骨盤矯正」をお試しください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA