「姿勢」が遺伝する

こんにちは

整体院 楽(Laku)の石川です。

早速ですが遺伝とはなんでしょうか調べてみるとこんな形で出てきました。

遺伝とは生殖によって、親から子へと形質が伝わるという現象のことであり、生物の基本的な性質の一つである。素朴な意味では、親子に似通った点があれば、「遺伝によるものだ」、という言い方をする。

wikipedia : 遺伝より引用

というように親が持つ遺伝子(DNA,RNA)が子どもに受け継がれるということが遺伝です。

ところで病気は遺伝するという場合があります。病気の遺伝子が子どもに伝わって同じ病気にかかってしまう。これは一般的に知られています。ですが、遺伝子の観点から見て関係ないけど親と同じ病気になってしまったという場合があります。ここでは例としてガンという病気を挙げます。

「ガンの家系」一度は耳にしたことはないでしょうか? 祖父がガンになって父もガンになった。しかも患部まで同じ。しかし遺伝性のガンというのは実は1%しかないそうです。ガンの原因のほとんどは生活習慣だそうです。そして現在の日本での病気による死亡原因の第1位がガンです。

それでもガンの家系は存在する

ここ数年で健康がブームから常識になり、生活習慣の改善はかなり意識されているのではないでしょうか?食事も気をつけて運動もしています。ですが親と違う生活習慣なのに同じガンになってしまう方が少なからずいらっしゃいます。これは遺伝なのでしょうか?でも遺伝性のガンは1%しか存在しない。どうしてでしょう。

 

「姿勢」が遺伝する

親と同じ病気、症状に悩まれている方は姿勢が影響しています。これは断言します。親子の身体を見ると仕草から骨格まで本当にそっくりなのです。考え方も似ていれば、味の好みも似ています。そして痛い箇所や不調も似ているのです。

生活習慣が違う場合でも、姿勢が同じであれば同じ症状に悩まれる方がいます。

寝ている姿勢、立っている姿勢、座っている姿勢

朝起きてから、夜眠るまで。習慣とは一日一日の行動の繰り返しです。このように生活習慣が身につきます。

「子は親の背中を見て育つ」

「姿勢の生活習慣」が子どもに遺伝している事実があります。人の振り見て我が振り直せではないですが、親の姿勢を見ることで気づけることもあるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA