肩こりを放っておくと頭痛、めまい になる・・・早めの対処が肝心です

あらゆる不調の原因である骨盤の歪みを根本から修正
1回の施術で大きく改善「慢性腰痛、慢性肩こり」専門の骨盤矯正

こんにちは。町田相模原、多摩境、橋本、南大沢なら整体院 楽(Laku)の石川です。

 

肩こりはできるだけ早めに対処してください。

なぜこのように書くかというと肩こりが原因で実はこんな症状まで出てくるというのがあるからです。今回は肩こりを放置しているとこんな不調にも悩まされるかもしれないというのを挙げていきます。

 

肩こりが放っておくとこのような症状まで出てくる

単なる肩こりを甘くみてはいけません。慢性症状になると実はこんな症状まで出てきます。

今回慢性の肩こりを持つ方は注意すべき症状を以下にご紹介していくのと大事な対処をお伝えします。

慢性肩こりの方が注意する症状。それは

頭痛、めまい です

 

 

肩こりによって起こる頭痛、めまいとは

肩こりを持つ方の99%は肩だけでなく、首にも不調があります。

肩と首は多くの筋肉を介して繋がっています。そのため首の痛みやこりがあります。

肩こりが慢性化して、過剰に緊張状態となると首の筋肉も緊張します。筋肉の緊張で拘縮が発生し、頭、首にかけて血行不良が起こり、頭痛やめまいが発生します。特にデスクワークの方は頭痛が多く、頭痛を我慢しながら、または一時的に薬で対処しながら、お仕事をされている方が大勢いらっしゃいます。

めまいも頭痛よりは少ないですが、肩こりからのめまいの方はいらっしゃいます。立っていられないめまいが特徴である特定疾患であるメニエール病の方も肩や首に慢性的な緊張やこりがあります。

肩こりによる頭痛、めまいは病院に行って、薬を服用しても一時的に症状は治まりますがまた繰り返してしまうという方がほとんどです。もし薬を飲んでも一向に症状が落ち着かないなら、肩こりを疑ってみてください。

 

頭痛、めまいになってしまった時の対処

もし肩こりから起こる頭痛・めまいになってしまったら対処方法は肩のストレッチです。

最初から効果を実感できる方もいれば継続して変わってきたと思う方もいるかと思います。

【ストレッチの方法】

1、写真のように頭の後ろに腕を持っていく

2、肘を曲げて反対側の手で引いて肘を頭の方に近づけていく。気持ちよく脇腹が伸びるのを感じる状態で10秒キープして、元に戻す

3、これを2回繰り返す

回数の制限は特にありません。肩が慢性的に凝っている人はここまであげることが難しいこともありますので、できる範囲から始めてください。ジワーッと肩や首の周りが感じることもあるかと思いますが問題ないので安心してください。痛みや不快感が強い場合は無理せずやめていただいて構いません。

 

まとめ

肩こりは放っておくと慢性状態になり、頭痛やめまいを誘発する場合があります。

しかし慢性的な肩を揉んだり、マッサージをしても変化がない場合は骨盤の歪み、体の歪みが原因になっている可能性があります。

あなたのこれからの人生が頭痛やめまいに悩まされない人生にしたいという時はまずはご相談ください。

初回は効果を感じられなければ返金をいたします。この骨盤矯正がご自身の未来のためにお役立てできればと思います。

 

あなたが毎日元気でありますように

いきなり整体は・・・という方でも大丈夫です。相談だけでもお気軽にご連絡ください!

当院のホームページ:https://seitaiin-laku.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA