腰を反らしてはいけないのか

たった1回の施術で嘘のように楽になる

慢性症状に特化し、地域で唯一の内藤式 骨盤矯正を提供する専門院

こんにちは。多摩境、橋本、南大沢、町田、相模原なら

整体院 楽(Laku)の石川です。

「腰を反らないようしてください」

病院でこんな風に言われて腰を反らないよう気をつけていませんか?実は腰を反らないということは半分正解で、半分間違いです。

脊柱管狭窄症、反り腰など腰を反らしたときに痛みや痺れがでる方はあまり腰を反らさない方が良いです。しかしこれに当てはまらない場合は腰を反らすことがとても大切です

腰が反れることは腰痛予防になる

腰が反れることは腰痛の予防にとってとても大切です。反れない(反れる範囲が狭い)ということはそれだけ腰痛になる可能性が高くなります。

腰を動かす時には腰だけでなく、お尻、足、お腹の筋肉など複数の筋肉が連動しています。腰を反らせる時に、もし腰以外の連動する筋肉が収縮して硬くなっていると腰に負担がかかり反った時に痛みがでやすくなります。つまり腰痛になりやすい体になっています。

体が歪むことで筋肉が引っ張られたり縮んだりしている状態が当たり前になると筋肉はすぐに硬く、収縮してしまいやすくなります

そして人の体、筋肉は動かさないとその機能が段々失われていきます。そのため腰を反るということができるというのは大切なのです。

腰を反らした時に痛みがある場合はここをストレッチ

腰を動かすときは他の筋肉も連動している。ということは、あなたの腰痛は腰そのものが悪いわけではなく、お尻、足、お腹などの筋肉が固くなっていることによって腰に負担がかかっていることが原因です。その状態は体を歪ませてしまいます。

そのためにまずやることは体の歪みを整え筋肉のバランスを直すことです。ぜひ以下に紹介するストレッチを行い柔軟性を取り戻し、腰痛の緩和に役立ててください

 

歪みを矯正 骨盤体操

 

 

大腿四頭筋のストレッチ

 

 

お尻の筋肉のストレッチ

 

 

「つらい腰痛をなんとかしたい」

そんな時は慢性腰痛に特化した「内藤式 骨盤矯正」を試してみませんか?

1回で身体の歪みを治すことができるので、あなたの腰痛が嘘のように楽になります。

もし万が一効果を実感できなければ施術費を全額お返しします。

あなたにリスクはありません。今すぐ「内藤式骨盤矯正」をお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA