膝が痛いから太ももを鍛えるのはオススメできません

たった1回の施術で嘘のように楽になる

慢性症状に特化し、地域で唯一の内藤式 骨盤矯正を提供する専門院

こんにちは。多摩境、橋本、南大沢、町田、相模原なら

整体院 楽(Laku)の石川です。

 

 

今、あなたは膝の痛みに困っていませんか?そんなとき世間一般でよく言われるのが周辺の筋肉を鍛えるようにとのアドバイスです。

確かに膝が痛いなら周辺(特に太もも)の筋肉を鍛えることで膝への負担を減らすという考え方は理にかなっている様に見えますが、私の意見としてはやらない方がマシです。むしろ膝が痛いのに運動を続けてしまうとより膝の痛みが悪化する恐れがあると考えます。

なぜなら膝が痛くなる時というのは筋肉が緊張している時だからです。

 

寝ている状態で膝が痛い人はほとんどいない

膝の痛みを訴える人は運動しているとき、階段を昇降するとき、歩く時、立ち上がる時など立位の状態で動作をするときに「膝が痛くなる」という方が多いです。膝を動かす時、つまり足の筋肉が緊張する時に膝の痛みが起こります。

では膝の痛みを訴えている人が横になってみるとどうでしょうか。膝の痛みを感じなくなるはずです。もしこれが当てはまるのであれば、あなたの膝の痛み筋肉の緊張によって起こっています。

 

膝の痛み改善には筋肉をストレッチ

人それぞれ立位の動作には癖があります。大腿四頭筋が余計に使われていたり、ふくらはぎが異常に緊張していたりなど。よって立つときの姿勢の癖が膝に負担を与えているのです。

だからこそ根本改善のためにはどの筋肉が膝に影響をしているのかを見極める必要があります。さらに偏った筋肉の使い方は骨格の歪みにつながりますので姿勢を改善していくことが大切です。そして姿勢の改善の役に立つのが手軽にできるストレッチです。

まず今できることは膝の痛みに関係する筋肉を緩めるストレッチです。膝の痛みに悩む方はぜひ下のストレッチをお試しください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

「つらい膝の痛みをなんとかしたい」

そんな時は慢性症状に特化した「内藤式 骨盤矯正」を試してみませんか?1回で身体の歪みを治すことができるので、あなたの膝の痛みが嘘のように楽になります。

もし万が一効果を実感できなければ施術費を全額お返しします。あなたにリスクはありません。今すぐ「内藤式骨盤矯正」をお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA