【腰痛の原因】足を組んで座る習慣をやめても腰痛は消えない?

あらゆる不調の原因である骨盤の歪みを根本から修正
1回の施術で大きく改善「慢性症状」に特化した骨盤矯正

こんにちは。町田の整体院 楽(Laku)の石川です。

足を組んで座る人は結構多くて、そのほとんどの人が腰痛を持ちだったりします。

長時間座って仕事に向かっていると自然と足を組んでしまいませんか?

または座ると癖で足を組んでしまう、気づかないうちに足を組んでしまうという方が多いのではないでしょうか?

こういう癖がある人は足を組むのを気をつけて足を組まなくなったとしても実は腰痛に悩まされる場合があります。なぜ足を組まなくなったのに腰痛は無くならないのでしょうか?

 

足を組んだ姿勢の状態を筋肉が記憶している(筋肉の形状記憶効果)

筋肉にはその姿勢や動きを記憶する能力が備わっています。

例えばスーパーで買い物をして、重い袋を持ち帰った時。家に着いて袋を下ろしても、持っていた指が丸まったまま戻らなかったりした経験はありませんか? これは瞬間的に指や腕の筋肉が形状記憶している状態です。

この形状記憶が長期間続くと「癖」になるのです。

 

長年の癖は筋肉が形状を記憶しているから残る

ある男性を整体しました。問診のとき「足は組まないです」と言っていました。その男性はひどい腰痛持ちでどこに行っても良くならないと言ってご来院されました。

「足を組まない」この言葉通りに受け取りましたが、整体をしてもどうも痛みが残ってしまうということがありました。あらゆる方法を試しても変わらなく、少し困っていた時に、もう一度男性に座り方を聞いてみました

「昔足を組んでいましたが今は組まなくなりました」

この言葉を聞き、施術を変えてみると痛みがなくなったと喜んでいただきした。今思い返すと足を組んでいた頃の癖が体に残っているために痛みが出ているということがわかってきました。

 

筋肉の形状記憶をリセットするには・・・

筋肉の形状記憶、つまり昔の体の癖、習慣は消えないのか。。。

はっきり言いますと自分でなんとかするにはかなり難しいと私は判断しました。

その理由は「自分がどんな筋肉の癖があるか自分でははっきりわからないから」です。

体のプロである私たちにとっても癖というのは見逃してしまう場合があります。なぜなら癖とは無意識に行う動作だからです。ある程度までは自分で直すことはできても、自分でははっきりわからないから完璧に元に戻すことは自分一人だけでは難しいです。

そう、だから自分以外の第三者、プロに見てもらえば簡単に解決します。

 

プロの目から癖を教えてもらう大切さ

体の癖は自分が無意識で行っているので、第三者の目、プロの視点で見てもらうと早期に解決します。本当に熟練しているプロであればしっかりとあなたの体の癖を理解し、問題を早期解決に導いてくれます。

株式会社ファンケル実施した「腰痛は仕事に影響を与えるのか?」というアンケート調査の結果は仕事効率が40%低下するとの結果が出ています。

少し意地悪な言い方ですが、あなたは人生を40%損して過ごすことを選択しますか?

腰痛は体だけでなく、精神的にも負担をかかります。あなたはこの腰痛と一生付き合う必要があるのでしょうか?

今、腰痛にお悩みのあなたは体の癖がわかれば早期解決する可能性が非常に高いです。そしてその癖をしっかりリセットしてくれるプロに頼ってください。1回の整体でも痛みが劇的に変わります。

 

まとめ

いかがでしたか?

筋肉が形状記憶するというのはご存じない方が多かったのではないでしょうか?

自分で全てを抱え込まずにプロに頼れば以外とあっさり解決してしまう、なんてこと結構あります。もうどこに行っても治らなくて、3年も腰痛に悩まされている、ある患者様は1回で痛みが取れてあっけに取られるなんてこともありました。腰痛がずっと昔の体の癖から来ている典型的な例ですね。

腰痛が改善する未来のチケットは既にあなたのその手に握っています。そのチケットをぜひ私に渡してください。責任を持って改善させていただきます。

 

あなたが毎日元気でありますように

いきなり整体は・・・という方でも大丈夫です。相談だけでもお気軽にご連絡ください!

当院のホームページ:https://seitaiin-laku.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA