【不妊治療】妊娠しやすい体になるためには〇〇を改善する必要がある

あらゆる不調の原因である骨盤の歪みを修正

神経の根本から改善し、1回の施術で痛みを解消する治療に特化した骨盤矯正

こんにちは。町田、相模原、多摩境、橋本、南大沢なら整体院 楽(Laku)の石川です。

 

不妊症に悩む女性は6人に1人と言われています。

不妊症治療に長い時間と1000万円を超える投資をされている方も…

しかし、なかなか結果が出ない方もいらっしゃるのが現状です。

 

なぜ結果がでないのか。サプリメント、薬、ホルモン剤の摂取、生活習慣を変える。色々なことを試されたのではないでしょうか?

 

それでも結果がでない、なぜでしょうか?

実は妊娠で大切となる子宮や卵巣(生殖器官)に届いていない可能性があります。

 

妊娠に必要なホルモンは神経を通して分泌される

生殖器に必要なホルモンが分泌されるには脳の視床下部というところから命令が出されます。

視床下部は体のホルモンバランスを管理しています。そして体のホルモンバランス見て以下のようにホルモンが分泌されていきます。

視床下部が命令を出す→脳下垂体が伝える→生殖器から女性ホルモンが分泌される

ざっくりと書くとこんな感じです。この矢印(→)のところは全部神経を通っているのです。まり「女性ホルモンを出せ出せー」と脳の視床下部が命令をしていてもうまく伝わっていないことがあります。

こうなると卵子の質の低下、子宮内膜の異常などを招き、不妊・不育や生理不順などの要因になるのです。

神経にはいくつか種類がありますが、まず整えるべきは自律神経です。

なぜなら視床下部は交感神経・副交感神経機能及び内分泌機能を全体として総合的に調節しているからです。(出典:wikipedia)

つまり女性ホルモンの分泌をコントロールする視床下部は自律神経のコントロールも行なっているのです。

女性ホルモンと自律神経は体のバランスを見ながら調整されています。そのため多くの不妊を扱う、整体、鍼灸などでは自律神経を整えましょうと書いてあるのです。

この自律神経、生活習慣を変えても整えることが難しいです。生活習慣を変えても変わらない方は姿勢が関係しています。この姿勢の変化は実は1回の整体だけでも実感できるのです。

それを維持していけば多少生活習慣が乱れたとしても神経の乱れに大きな影響を及ぼしません。

自分の体の健康を自分でコントロールできるこのことが実は何より大事です。それが神経を整えることにも繋がります。

己(自分の体)を知ることが一番大事なんですね

当院では病院では教えてくれない、あなただけの体の取扱説明書を作成しお伝えします。メール、お電話でのご質問は無料になっておりますので、お気軽にご相談ください。

あなたが変わると一歩を踏み出せば、いつだって体は変われます。

一緒に体を変えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA