病院が患者様を紹介する整体院

たった1回の施術で嘘のように楽になる

慢性症状に特化し、地域で唯一の

内藤式 骨盤矯正を提供する専門院

こんにちは。多摩境、橋本、南大沢、町田、相模原なら

整体院 楽(Laku)の石川です。

 

今回は私ごとですが修行時代にどんな環境で何を学んできたのかを書いていきます。

繁盛している整体院は数あれど、他の整体院では見られないような光景をたくさん目にしてきたと自負があります。

この整体に出会えたからこそ自分自身が会社員を辞めてでも整体師になったともいえます。

他では見られない光景とは。一体どんな整体院なのか。今回はお伝えします。

病院に紹介されて患者さまが来院される

私が修行していた横浜整体療術院は少し変わった整体院でした。

ガン、リウマチ、パーキンソン病、バセドウ病、難聴、弱視、偏頭痛、不眠、不妊、脳梗塞の半身麻痺、心臓病、ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、分離症、顔面麻痺etc

挙げたらキリがないくらい、様々な病気の方がいらっしゃいました。腰痛や肩こりの患者さんが少ないのでは?と感じてしまうほどです。まるで総合病院のような整体院でした。

様々な病気の患者さまが整体院に訪れて元気になっていたため、周辺の病院は「この整体院に行ってみてください」と患者様を紹介するところもありました。

ちなみに私が初めて整体をして患者さんはパーキンソン病の方でした。

「姿勢を良くしろ!」身体の歪みが万病のもと

師匠である内藤先生が常におっしゃっていたことは「姿勢を良くしろ!」です。

それはもう、普通では考えられないかもしてませんが患者さんに対して怒鳴る時もあるくらい口を酸っぱくして言っていました。

姿勢を正しくすることは背骨、骨盤の歪みを予防してくれます。これが非常に大切です。

なぜなら脳から伸びる自律神経が背骨、骨盤を通って内臓、血管、筋肉につながっていて各器官をコントロールしており、背骨、骨盤が歪むと自律神経の働きに悪影響が出て、内臓の不調、血圧の異常、筋肉の緊張などを招いてしまうからです。

そのため姿勢を良くすることというのは自分の体を健康に保つために必要不可欠なのです。

内藤先生は目の前の患者さんに真剣に向き合っていた方でした。どんな重病な患者さんが来ても「絶対に治す」という姿勢を忘れずに実践していた人だと感じます。

「絶対に治す」という思想のおかげで私自身も救われました。厳しい修行の中で技術を学ぶのはもちろんですが、患者さんに対して真剣に向き合う大切さを学ぶことができたのが本当に宝だと思います。

次回につづく→続きはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA