立っていると腰がつらいあなたへ – このストレッチを試してみてください

たった1回の施術で嘘のように楽になる

慢性症状に特化し、地域で唯一の内藤式 骨盤矯正を提供する専門院

こんにちは。多摩境、橋本、南大沢、町田、相模原なら

整体院 楽(Laku)の石川です。

 

腰痛の原因となっているのは足の筋肉

立っていると腰が痛い、そんな時は腰の筋肉が硬くなっているように感じますが、実は立つときの姿勢で足のある筋肉に負担がかかっているせいかもしれません。

それは大腿四頭筋です。

大腿四頭筋は足の前側にある4つの筋肉(大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋)の総称です。

私たちが普段何気なくしている姿勢というのは重心が前になっています。そのため足の骨の前側にある大腿四頭筋で体重を支えています。

本来体重は骨格で支えることが正しいのですが、正しい姿勢ができていないと大腿四頭筋を使う割合が大きくなります。

使いすぎると筋肉が硬くなり、収縮します。足の前側の筋肉が縮んでしまい、反対に腰が伸び過ぎて腰痛を引き起こしてします

ですから腰痛のときに腰をマッサージしても、その場は楽になるけど根本的に解決しません。

根本解決のためには

1:大腿四頭筋を緩める

2正しい姿勢を身につける

この二つが大切になります。

立っているとつらい腰痛のためのストレッチと姿勢

大腿四頭筋を緩める、姿勢を正しくするためには以下のストレッチと立ち方の基本をぜひお試しください。

 大腿四頭筋のストレッチ

 正しい立ち方

 

「つらい腰痛をなんとかしたい」

そんな時は慢性腰痛に特化した「内藤式 骨盤矯正」を試してみませんか?

1回で身体の歪みを治すことができるので、あなたの腰痛が嘘のように楽になります。

もし万が一効果を実感できなければ施術費を全額お返しします。

あなたにリスクはありません。今すぐ「内藤式骨盤矯正」をお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA