怒りと姿勢の関係 アンガーマネジメント

あらゆる不調の原因である骨盤のゆがみを根本から修正

1回の施術で大きく改善する

治療に特化した整体院

整体院 楽(Laku)の石川です。

アンガーマネジメントという言葉をご存知でしょうか?

 

怒りという感情とうまく付き合うための心理教育を指す言葉です。

怒りという感情はものすごい行動的なエネルギーを持っています。怒りに支配されてしまうと、まるで別人か!というくらい人の性格が変わってしまいます。

そして最近はキレやすい子どもが多くなっているということで、教育の現場にもこのアンガーマネジメントが取り入れようとしているとのことです。

 

僕が知る限り、怒りと上手に付き合うためには心を育むことと姿勢を正すことが大切だと考えています。

僕は整体師なので、心も大事ですが、姿勢にフォーカスしてお話しします。

 

身体がゆがむと怒りやすくなる

姿勢が悪いと身体のどこかに不調がでます。

少し想像してみてください。

身体のどこか不調があるのにじっとしていることができるでしょうか?

勉強や仕事に集中できますでしょうか?

 

はっきり言います。無理です。

じっとしていられないし、中々集中できない。そして集中できないからイライラしてきます。

イライラしているときに少しでも嫌なことがあれば怒ってしまうのも仕方ないですよね。

子どもも同じです。子どもは身体に不調を感じづらいので、気づいていませんが、落ち着きが無くなってきます。なんとなくソワソワしてしまう。じっとしていられない。

私たちは常に重力の影響を受けて生活をしています。姿勢が整っていれば、重力に対する抵抗が減るので、バランスが取りやすいのですが、身体がゆがんでいると重力とのバランスをとるために右に左に身体を動かしたくなります。

例えるなら綱渡りをしているときバランスを取るために常に腕を動かしたりすますよね?

まさしく綱渡りしているように身体全体でバランスを取ろうとしているのです。このような状態なら動かないと落ち着かないですよね。落ち着かないと心が焦ってきます。不安になります。それがまた、怒りの元になったりします。

 

姿勢を整えること

アスリートでない限り、現代の生活スタイルは頭や手先だけを使い、身体全体を使うことは少なくなっています。

頭や手先使うので胸より上に血が上りやすく、頭に血がのぼり、怒りやすくなる生活スタイルになっているのもしょうがないのかと思います。

そこで大事なことは姿勢を整えることです。姿勢は日々の生活習慣を見直し、所作を整えていくことが大切です。お行儀よくしてください。

そしてぜひ、骨盤体操をやってみてください。そして続けてみてください。この体操は足腰を使うので、簡単な全身運動としてオススメですよ。

 

姿勢は姿の勢いと書きます。あなたの心理状態も身体に現れます。ぜひ綺麗な姿勢でいてください。そうしたら綺麗な心でいられますよ。

 

あなたが体のことで悩んでいるなら、痛みや不調のために生きる人生を一緒に変えていきましょう。やりたいことができる体を手に入れるお手伝いをさせていただきます。

※出張もできます

※個別診断の詳細ページに移動します

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA