腰痛で仰向けに眠れない時はこの寝方

あらゆる不調の原因である骨盤の歪みを根本から修正
1回の施術で大きく改善「慢性症状」に特化した骨盤矯正

こんにちは。町田の整体院 楽(Laku)の石川です。
 
腰痛大変ですよね。歩くのも辛ければ、座るのも辛い。そして何より辛いのは眠る時に腰が痛いと辛いですよね。ということで本日は腰が痛い時の寝る姿勢について対処方法をお伝えします。

 

仰向けで寝で眠れない

患者様でよく相談されるのが、腰が痛くて仰向けになれないのですがどうしたら良いでしょうか?という質問です。仰向けはバランス良く寝る姿勢なのでなるべく仰向けがオススメなのですが、腰が痛くてできない場合がありますよね。そんな時にはこのように寝る姿勢を変えてみてください。

 

横を向いて寝る

横を向いて眠ると腰痛を感じなくなるという方は横を向いて寝るのがオススメです。しかしただ横を向いて寝ても逆に腰痛を悪化させてしまう恐れがあります。

寝る姿勢というのは長時間その姿勢を維持するため横を向いて寝てしまうとどうしても歪みを起こしやすくなってしまいます。

しかし横向いて寝る姿勢はあることに気をつけると腰痛が少し軽くなります。

 

横を向いて寝る時はいつもと反対方向を向いて寝る

実は寝づらいなと感じる横向きの方向があるということは普段から同じ方向ばかり向いて寝ているということがあります。

そのため体と骨盤が歪み腰痛を引き起こしてしまうことがあります。これを解消する方法がいつも寝ている方向と反対方向を向いて寝ることです。

少々違和感はあるかもしれませんが、反対方向に眠ることでいつも同じ方向に歪んでいた体が反対方向を向くので歪みが改善して腰痛が楽になります。

実際に当院でも体の状態を見て患者様にもお伝えしていることですので、試して見てはいかがでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたか?寝る姿勢は長時間その姿勢でいるので、なるべく体に負担が少ない仰向けで寝ることがいいです。しかし、できない時は横を向いて寝てしまって構わないです。

眠ることがでないと体が休めず、筋肉が収縮して腰を痛めてしまいます。

まずはしっかり寝ること。慢性の腰痛の場合は難しいですが、軽い腰痛ならストレッチで腰の筋肉をほぐしてリラックスして眠れば回復していきます。

しかし本来は腰が痛くないのが当たり前なので、腰痛に悩まない体を意識することが大事です。

腰痛に悩まなくなるためにはどうすればいいの?と、気になる方はお気軽に当院までご連絡ください。

あなたが毎日元気でありますように

当院のホームページ:https://seitaiin-laku.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA