あらゆる不調の原因である骨盤の歪みを根本から修正
1回の施術で大きく改善「慢性症状」に特化した骨盤矯正

こんにちは。町田の整体院 楽(Laku)の石川です。

腰痛大変ですよね。歩くのも辛ければ、座るのも辛い。

腰が痛くなるパターンも様々で長時間同じ姿勢でいると腰が痛くなる場合の原因と対処を今回書いていきます。最後のまとめにこう座ると腰に負担がかからないという座り方のポイントを挙げてますので最後までお読みください。

 

座っていると腰が痛くなるのは腰の筋肉の緊張が原因

「座っているとだんだん腰が痛くなってくるのですがどうすればいいでしょうか?」

こんな質問をいただくことがありますが、このタイプの腰痛の方の腰に触れると腰の筋肉がとても張っている方が多いです。座り方を観察すると腰に体重が乗るように座っており、腰周りを支えている筋肉に負担が生じてくるので筋肉が硬くなり神経を圧迫して痛みに繋がってしまいます。

この腰痛タイプは大きく二つの座り方に別れています。背もたれに寄りかかって座っているタイプと逆に姿勢を意識して腰が反ってしまうタイプです。

 

背もたれに寄りかかって座る人は少し背筋を伸ばして座ると腰が楽になる

普段背もたれに寄りかかって座っている男性は腰が曲がった状態で負担がかかっています。そのため上の写真の男性のように少し背筋を伸ばして座っていただくと腰は楽になってきます。

しかし、昔の自分がそうだったからわかるのですが、この姿勢を長時間維持するのはなかなか疲れます。

なので少しづつでも構わないので、なるべく同じ姿勢を続けないことが大事です。まずはできる範囲で背筋を伸ばすようしてみてください。

 

腰が反って座っている人は逆に曲げてみる

腰が反ってしまうのは特に女性に多いです。このタイプは反ってしまうがゆえに腰に痛みがでます。このタイプの人は意外と整体に行っても良くならないという人が多いです。腰が常に緊張しているので、立って歩いても痛くなったりします。

そのためこの座り方をする人はとにかく力を抜くことが大事です。

背もたれに寄りかかったり、下の写真みたいに背中を丸めてみてください。

少し腰の痛みが楽になってくるかと思います。これも試してみてください!

 

まとめ

いかがでしたか?事務仕事やPCの仕事で座る姿勢は長時間その姿勢でいるので、なるべく体に負担が少ない方がいいです。本当はこう座ると楽ですよというのがあるのでお伝えします。

それは・・・

お尻にしっかり体重が乗っている状態で座る

実は座り方を変えてみるとわかるのですが、椅子に接触しているお尻の部分に体重が載っていない方がほとんどです。腰が楽に座れている状態というのはお尻(少し太ももにも)に体重が載っている状態です。

ぜひこの感覚があるような座り方を試してみてください。

最初はわからなくても大丈夫です。だんだんと体の感覚が鋭くなってきてわかるようになります。

日々意識することがない体ですが、体あってこそ行動ができますので、少しでも体を意識する時間を取っていただければと思います。

あなたが毎日元気でありますように

より詳しい座り方や立ち方が気になる方はお気軽にご連絡ください!

当院のホームページ:https://seitaiin-laku.com/