【腰 ヘルニア】ある部分を押して痛みがあるとヘルニアの可能性があります

たった1回の施術で嘘のように楽になる

慢性症状に特化し、地域で唯一の

内藤式 骨盤矯正を提供する専門院

こんにちは。多摩境駅徒歩9分の

整体院 楽(Laku)の石川です。

 

あなたは腰痛に悩んでいませんか?その腰痛本当にただ腰が痛いだけなのでしょうか?

実はヘルニアだった、なんてことがないように事前に簡単にチェックできると良いですよね。しかし整形外科でレントゲンを撮ってもらうのも手間がかかる。そんな時はご自宅で簡単にチェックできる方法があります。ぜひ一度お試しください。

 

腰椎椎間板ヘルニアか簡単にチェックできるポイント

このチェックは体のある部分を押して確認します。もし押して痛みがある場合は放って置かずに整体を受けることお勧めします。早めの対処の方が負担が少なく改善ができて予防もしやすくなるからです。

そして一人では難しいかもしれません。できれば誰かに押してもらって確認するとわかりやすいです。

それではチェック方法をお伝えします。

 

①まずはうつ伏せに寝ます

②画像の丸のところ(腰椎3番〜5番)を手のひらで少し圧をかけて押してもらいます。背骨は強く押しすぎると傷ついてしまう恐れがあるのでゆっくりと力をかけていきます。

③押された時に痛みが出るのかどうかを確認します。

いかがでしょうか。押された時に痛みを感じましたか?

感覚になってしまいますが、痛みの有無である程度腰の状態を測ることができますまた痛みが感じられた場合はその強さの度合いで確認します。

 

痛くない場合:問題ありません。健康な状態です

少し痛い場合:ヘルニアにはなっていないが今後ヘルニアになる可能性あります

痛い場合:すでにヘルニアと診断されている。または可能性が非常に高いです。

強い痛みの場合:ヘルニアの症状が出ていませんか?(足やお尻のしびれ、麻痺)今すぐの治療をおすすめします。

※あくまでも目安であるため必ずヘルニアであるという診断ではありません

 

いかがでしたでしょうか?

簡単なチェック方法ですが、私個人の感想として精度が高いチェック方法です。

治療も大切ですが、まずは自分の体の状態を知ることが大切です。

そしてもしヘルニアであると診断された場合はなるべく早期の治療がオススメです。なぜならヘルニアは放っておいても治らないからです。

そして改善のためにはなぜヘルニアになってしまったのかを理解し、適切な処置をすることが大切です。

参考までにヘルニアの本当の原因を書いた記事がありますので是非ご覧ください。

参考:腰椎椎間板ヘルニア

 

もしあなたがヘルニア、もしくはその心配があるなら当院におまかせください。

当院は効果を実感できなければ施術費を全額お返しいたします。

あなたにリスクはありません。

ヘルニア改善のために内藤式骨盤矯正をお試しください。

 

ご予約・お問い合わせはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA